内視鏡検査の流れ

上部内視鏡の場合

食道、胃、十二指腸の観察を行います。

【検査前の準備】

内視鏡検査

前日は夕食を8時までに済ませてください。アルコール類は控えてください。その後は、水 お茶などの水分のみとしてください。当日は、絶食で、水分はお水1-2杯までは可能です。薬は、血圧の薬以外は服用しないでください。たばこは禁煙してください。
抗凝固剤(血液をさらさらにする薬)服用の方は、主治医と相談して1週間前に中止してください。できない方はその旨、検査当日伝えてください。妊娠の方、妊娠の可能性のある方は前もって知らせてください。静脈より軽い麻酔剤を投与して行います。投与を希望しない方は咽頭のみの麻酔(スプレー)で行います。

【検査後】

検査後は30分位休んでから、検査の結果の説明をいたします。
細胞の検査を行った場合は、2週間後、細胞の結果を説明します。

大腸検査について


肛門から内視鏡を挿入して、大腸の中を観察します。小さいポリープはその場で切除可能です。このため大腸内に便があると観察できないので、検査前にきれいにして、便がない状態とします。きれいにするのに、半日以上かかります。

【検査前の準備】

抗凝固剤(血液をさらさらにする薬)服用の方は、主治医と相談して1週間前に服用を中止してください。分からない方は、連絡してください。
2-3日前より、繊維の強いもの(きのこ、海藻類、ごぼうなど)は避けてください
便秘傾向、便が出にくい方は前日に下剤を服用した方が、早くきれいになるので、検査日前に来院してください。わからなければ連絡ください。

内視鏡検査

【検査前日】

下剤を前もってもらった方は、3-6時ごろ服用してください。
夜は消化の良い繊維のすくない食事(うどんなど)のでんぷんのみを8時位までに食べてください。
乳製品、粒粒のある果汁以外の水分は寝る前まで、飲んでもかまいません。

【検査当日】

朝は絶食で、しかし水、お茶は飲んでかまいません。
薬は高血圧の薬以外、服用しないでください。
9時から9時30分までにいらしてください。
自宅、職場で下剤服用したい方は前日までにいらしてください。
2-3時間かけて下剤を服用し、便が水のようになったら、検査開始します。
検査は、痛みが無いように、軽い麻酔をかけ検査します。

【検査後】

結果を説明します。(組織検査をした場合は2週間後組織検査の説明をいたします。)

お知らせ