HOME

ムラタクリニックは消化器専門クリニック

ムラタクリニックは、消化器の検査、治療を専門に行っています。

内視鏡検査

• 超音波検査

早期膵癌の発見、胆嚢ポリープの精密検査

• 肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの検査

• 内視鏡検査(上部、下部)

食道、胃、十二指腸、大腸全体を電子式スコープ(胃カメラ、大腸内視鏡)でみる検査。麻酔下の苦痛のない検査もおこなっています。また、狭帯域光観察(NBI拡大観察)を行っています。

• 超音波内視鏡

粘膜下腫瘍、食道ガンなどの進行度診断
(リンパ節に転移しているかなどを調べる)、膵臓、胆嚢腫瘍などの精密検査

• 上部、下部x線検査

レントゲン下に食道、胃、十二指腸、大腸をみる検査

治療には内視鏡下治療、薬(西洋薬、漢方)を行っています。

ムラタクリニックの内視鏡検査の特徴


内視鏡機器はすべて、日本内視鏡学会のガイドラインに従った消毒を行っています。
(内視鏡スコープも一本一本、終わるごとに消毒しているため、病気が移る事はありません)
検査医は日本内視鏡学会の専門医、指導医です。
検査技師も日本内視鏡学会の検査技師です。
内視鏡検査は、無痛内視鏡です。もちろん局所麻酔のみでも行っています。
結果は当日、説明いたします。(生検:細胞の検査を行った場合は2週間後となります)

内視鏡検査のメリット

内視鏡検査

  • バリウム検査では分からない凸凹の少ない病変(早期がんや浅い潰瘍)が分かります。
  • 胃炎、食道炎など色の変化のみの病気が分かります。
  • ヘリコバクターピロリ菌による、胃炎の状態を知る事ができます。
  • 細胞検査により、胃癌の診断、腺腫の診断が可能です。

無痛内視鏡検査

 静脈麻酔剤にて、寝ている間に検査が行われます。胃カメラ検査(上部内視鏡検査)の時、のどの局所麻酔後(のどのうがいやのどに麻酔剤をためる)、内視鏡検査を行っていましたが、のどが管を通過するのが苦しい人に対して、静脈麻酔剤にて、寝ている間に検査を行うことができます。
 また、大腸内視鏡検査の時にも、内視鏡により大腸が伸展したり、屈曲が強いと痛みが強い場合がありますが、この場合も麻酔剤を使用すると楽に検査を受けることができます。

内視鏡検査の費用

費用は3割負担の場合(保険診療の場合)

上部内視鏡
(胃とか食道をみる場合)
5,000-6,000円
大腸内視鏡 6,000-7,000円
生検(*)をすると5,000円位加わります。
ポリープを切除する場合は20,000円-26,000円となります。

自費の場合

上部内視鏡 14,000円
下部内視鏡 20,000円
生検(*)する場合は保険適応となり保険証が必要です。
ポリープ切除も同様です。

*生検とは「生体検査」の略で、患部の組織の一部を,麻酔をしてからメスや針などで切り取って,顕微鏡などで調べる検査です。この検査によって,病気を正確に診断することができます。

お知らせ